アトピー

「アトピー素因」に注意!【アトピーから逃げ切る方法を解説】

「アトピー素因」に注意!

アトピー素因を持ちつつ、アトピーから逃げ切ったヒロです。

・アトピー素因ってそもそも何?
・アトピー素因があると必ずアトピーになるの?
・アトピー素因をなくすことはできないの?

こんな疑問を解決します。


アトピー素因を持っていると、アトピー性皮膚炎を発症する可能性が高くなります。

アトピー素因を持っている人が、自覚がないまま乱れた生活をすると言う事は、アトピー発症に自分から踏み込んでいくようなものです。

そこで今回は、「アトピー素因とアトピーとの関係」や、「アトピーを予防・改善するためのポイント」について解説していきます。

本記事を読めば、自分がアトピー素因を持っているかを判断し、アトピーから逃げ切る方法が分かります。

 

記事の内容

・アトピー素因があると絶対アトピーになるのか【解説】
・アトピー素因をなくす事はできない理由
・アトピーから逃げ切るための3つのポイント

アトピー素因があると絶対アトピーになるの?

疑問

結論から言えば、アトピー素因があると、絶対ではありませんが、アトピーになる可能性は高いです。

アトピー素因とは何か

アトピー素因の定義は下記の通り。

 ①家族歴・既往歴(気管支喘息,アレルギー性鼻炎, 結膜炎,アトピー性皮膚炎のうちいずれか,あるいは 複数の疾患),または② IgE 抗体を産生しやすい素因.

※引用元:日本皮膚科学会「アトピー 性皮膚炎診療ガイドライン」

つまり、遺伝的にアレルギーを起こしやすい体質のことですね。

アトピー性皮膚炎は遺伝する

アトピー性皮膚炎およびアレルギー諸疾患はアトピー素因と云う遺伝を持っている人にのみ発症するとされています。

※引用元:日本アトピー協会

このように、基本的にアトピーは遺伝するものと考えられています。

ただし、あくまでアトピーなどのアレルギー症状を起こしやすい体質が遺伝すると言う認識になるので、アトピー素因が原因で絶対にアトピーが発症すると言うわけではありません。


アトピー素因を持つ場合、通常の人より「アトピーになりやすい体質」と認識しておきましょう。

アトピー素因だけではないアトピーの原因

アトピーの原因は「アトピー素因」だけではありません。

日々の生活習慣や食事、精神的ストレスなど、アトピーは多因子性の病気です。

そのため、体質上アトピーになりやすい、アトピー素因を持つ方の場合は、より他の原因から影響を受けやすくなります。

アトピーの原因については、下記の記事をご活用ください。

どれくらい?
アトピー性皮膚炎の4つの原因【原因別の対策】

続きを見る

アトピー素因があってもアトピーを回避できる

前述の通り、アトピー素因を持っていても、絶対にアトピーになる訳ではありません。

例えば、両親がアトピーやアレルギー持ちでも、自分はなんともない、と言う方もたくさんいます。

ヒロ

アトピー素因があっても、幼少期から両親が注意して育ててくれたり、自分が規則正しい生活を送り、発症を防ぐことはできます。(単純に運が良い方もいますが...)

アトピー素因があるからと言って、絶望的に感じる必要は全くありません。

アトピー素因をなくす事はできない

落ち込む男

アトピー発症に関係しているなら、「アトピー素因を体からなくす事はできないの?」と思われる方も多いと思います。

残念ながら、アトピー素因をなくす事は現時点ではできません。

アトピー体質は変えられない

体質は細胞内にある「核」の、さらに中にある染色体の中の、そのまた中にある「遺伝子」に組み込まれたもので、化学物質により信号がつくられ「ゲノム」と呼ばれています。
アトピー素因はその遺伝子に組み込まれ、遺伝子は細胞が分裂するごとに「複写」されて代々、受け継がれます。したがって体質は絶対に変えることは出来ません。

※引用元:日本アトピー協会

つまり、元々ある体質を完全に変える事はできない、と言う事ですね。


ただ、僕の経験上、体質を変える事は難しいですが、食事や生活から「改善」をする事は可能です。

ヒロ

実際に僕は、アトピー体質を治す事で、アトピーを改善しています。



アトピー体質改善については、下記の記事をご活用ください。

アトピー体質を改善する食事
アトピー体質を改善する食事【改善のポイントと読むべき本3選】

続きを見る

アトピーを改善する運動
アトピー体質を改善するには運動をすべき理由【おすすめの運動】

続きを見る

アトピーをコントロールする事を目指す

アトピーは、食事や生活習慣を改善する事で、発症させずにコントロールする事は可能。

ヒロ

「自分はアトピーになりやすい体質」と言う事実をしっかり把握した上で、正しい対策をする事が大切です。


アトピーを予防や、改善するポイントは、この後お話していきます。

また、アトピーをコントロールする方法については、下記の記事でも解説していますので、ご活用ください。

アトピーが完治する方法は?
アトピーが完治する方法は?【症状をコントロールする】

続きを見る

アトピーから逃げ切るための3つのポイント

逃げる

「アトピー素因」を持ちつつも、アトピーを予防したり、改善するためのポイントは、下記の通りです。

・バランスの良い食生活
・精神的ストレスのケア
・定期的なアレルギー検査

順番に解説していきます。

その①:バランスの良い食生活

アトピーから逃げ切る為には、バランスの良い食事は大切です。

  • コンビニ弁当に頼りがち
  • 自炊をほとんどしない
  • 野菜を食べない日もある
  • バランスを考えた事がない
  • 好きなものを好きなだけ食べる
  • お菓子が大好き
  • 腹8分目で止められない
  • 外食が多い
  • 油っぽいものが大好き
  • ラーメンをよく食べる

上記の項目が半分以上該当する方は、今すぐ食生活を見直すべきです。

ヒロ

ちなみに、僕がアトピーを発症したときの食生活は、ほぼ毎食コンビニ弁当か、外食でした。

今は問題ないかもしれませんが、近い将来痛い目をみるかもしれません...。

その②:精神的ストレスのケア

アトピー性皮膚炎は、ストレスにより発症、悪化する事が知られています

アトピー性皮膚炎は,ストレスによって悪化するこ とが経験的によく知られており、かつては Alexander によって,気管支喘息と並んで holy seven と呼ばれる 7 つの代表的な心身症の一つとして扱われた。

※引用元:日本皮膚科学会「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン」

ただでさえ、今の日本には、ストレスの原因になる事が盛り沢山。

・仕事
・学業
・人間関係

こういったストレス原因を放置してしまうと、アトピーの発症や悪化を招きます。


時には、ストレスの原因を遠ざける為に、「逃げる」ことも必要な事。

ヒロ

僕も仕事で何度も逃げた経験がありますが、そのおかげでアトピーや精神疾患を治す事ができました。

見て見ぬふりをせずに、ストレスの原因を自覚し、遠ざける努力をする事は必要です。


アトピーとストレスの関係については、下記の記事もご活用ください。

アトピーを治すためには ストレス解消が必要です
アトピーを治すためにはストレス解消が必要【※経験談あり】

続きを見る

その③:アレルギー検査

自分が何に弱い体質なのかをアレルギー検査によって調べる事をおすすめします

検査は、内科や皮膚科、アレルギー科などで受ける事が可能です。


一般的に検査の種類としては、

・血液検査
・特異的IgE抗体検査
・皮膚テスト(パッチテスト)
・食物除去テスト

他にもありますが、大体こんな感じです。


通常のアレルギー検査として、多いのが血液検査で、一度に39項目のアレルギー検査が可能です。

まずは、この血液検査は必須と考えて良いでしょう。


もしコスト面や時間などに余裕があれば、「特異的IgE検査」までしておく事がおすすめ。
それによって、200種類以上のアレルゲンに対する特異IgE抗体を測定することができるので、より詳しく自分が持っているアレルギーを知る事ができます。

アトピー素因があってもアトピーから逃げ切れる:まとめ

記事のまとめ

アトピー素因」を持つからと言って、必ずアトピーを発症する訳ではありません

しかし、アトピーになりやすい体質である事は確か。

日々の生活習慣や食事、ストレスなどに注意して、アトピーから逃げ切りましょう。

-アトピー
-,