アトピー

アトピー症状に引越しが与える影響【悪化と改善の原因と要因】

1月 26, 2020



引越しでアトピーが改善したり悪化するのは本当?
アトピーにはどんな部屋がいいの?

 どちらもアトピー患者にとって気になる点ですよね。
本記事では、アトピーに関する引越しの際の部屋や環境などについての疑問に
お答えします。

因みに、この記事を書いている私は、アトピー歴10年以上。
学生になり都心でひとり暮らしを始めてから、アトピー 性皮膚炎の診断を受け
薬に頼らない、生活習慣改善により改善する事ができました

アトピー症状に引越しが与える影響

 引越しを機に、アトピー症状が改善や悪化するのか、という所ですが
結論から言うと、引越しはアトピー症状に関係あります。
ただ、引越しという作業自体というよりも、引越し先の部屋や周辺環境などの環境の変化の面で、という意味合いになります。
実際に私も、アトピーになったきっかけは引越しでした。
症状が改善するのか、悪化するのかは、それまでの状態も絡んできますが、私の経験も踏まえ、悪化の原因と改善できる要因についてお話します。

悪化する原因

 悪化の原因としてまずあげられるのは、環境変化による体と心へのストレスです。引越しをするという事は、進学や就職など、新たに何かを始めたりする事がきっかけの可能性が高いと思います。新たな環境に対して、期待もありますが、それに対しての不安もともない、その不安の部分がストレスとなり、皮膚に症状として現れます。
 また、引越し先の環境面も大事な要素です。窓が開閉しづらかったり、場所が盆地などで、湿気がたまりやすく、カビやダニが好む環境であったりする事は、アトピー悪化の原因になります。こういった部屋や周辺環境に関しては、引越し前の部屋探しの段階で確認しておくと良いですね。
私も実際に部屋を探す際は、築年数10年以内、窓が2つ以上あり風通しが良く、南向きで隣の建物と隣接していない場所を選んでいます。
この条件は都内だと厳しいとは思いますが、これくらいアトピー症状の為には注意しなければいけないという事を認識する事が重要です。
 また、特にひとり暮らしの際は、自分で確認する事が必要となるので、アトピーでもひとり暮らしを充実させる事ができる【注意点まとめ】をご確認ください。

改善する要因

 引越しによってアトピーが改善する要因としてあげられるのは、まず以前の住まいや生活の環境が悪かった為、そこから抜け出せたという所です。
例えば、掃除が行き届いておらず、部屋の清潔感がなかったなどはこれに当たります。実際私も最初の引っ越し前は部屋が散らかっており、正直ダニとかの温床になっていたと思いますが、引越しを機に、掃除を徹底するようになり改善しました。
また、何より重要な要因は、引越しにより精神面が充実したからです。
進学や就職、転職など新たなことにチャレンジをする事で、自然と考えが前向きになるのです。
ただ、この改善の要因に関しては、状況の変化によっては、いつでも悪化につながります。新たな人間関係がうまくいかなかったり、勉強や仕事も思うようにいかない事が出てくると、状況は一変します。心の面が健康な事は一番ですが、注意していても先の事はわからない事もあるので、生活の環境面では足を引っ張らないように、引越しの際の環境や部屋選び等は注意しましょう。

☑️まとめ

 引越しが与える、環境の変化に伴う精神面と肉体面のストレスが、アトピー症状の変化に密接に関係しています。
 新たなチャレンジは、改善できる要因にもなりますが、それが生じる不安がストレスを生み出し、悪化の原因にも繋がってしまうのです。
 新しいことを始める上で、失敗する事は当たり前です。全ての物事に対して、必要以上に気にしないようにしましょう。
 そして、新たなチャレンジを楽しめるような環境を、引越しを機につくり出せるように準備しましょう。

合わせて読む ひとり暮らしのアトピー予防【トラブルを引き起こす2つの要因】
合わせて読む アトピーでもひとり暮らしを充実させる事ができる【注意点まとめ】

-アトピー
-,