ひとり暮らし

はじめての一人暮らしをする友人へのプレゼントはコレ【おすすめと注意点】

3月 15, 2020

はじめての一人暮らしをする友人へのプレゼントはコレ

友人がはじめて一人暮らしをするから、喜ばれるプレゼントをあげたい。
でも、何をプレゼントしていいかわからない…。
あまり高いものだと、気を使わせちゃうかな?
おすすめのプレゼントを知りたい。

こんな疑問を解決します。

親しい友人が一人暮らしをはじめる場合、何かプレゼントをわたそうと考える人も多いですよね。

適当なプレゼントを選ぶと、使いどころが分からずに収納の奥深くに眠ることになる可能性も結構あります...。

そこで今回は、「おすすめのプレゼント」や「プレゼント選びの注意点」を解説していきます。

この記事を読み終える頃には、一人暮らしをはじめる友人にプレゼントするものはどんなものがいいか、はっきりしますよ。

記事の内容

・はじめての一人暮らしをする友人へのプレゼント:おすすめ6選
・一人暮らしの友人へのプレゼント選びの4つの注意点

記事の信頼性

この記事を書いている僕は、ひとり暮らし歴8年以上。
東京や地方での一人暮らしを経験。引越し経験4回。
引越しのたびにお祝いガッツリ頂いています。
現在は賃貸で一軒家を借りて一人暮らし中。

はじめての一人暮らしをする友人へのプレゼント:おすすめ6選

おすすめのプレゼント

どんなものをプレゼントすると、相手に迷惑もかけず、喜んでもらえるのか。

僕の経験上で実際に「あげて喜ばれたもの&もらって役立ったもの」を解説します。

①ちょっと良いタオル

実用的なプレゼントとして、手軽に購入できるのが「ちょっと良いタオル」です。

ちょっと良いというのは、どこでも手に入る安物よりは素材がしっかりしていてタオルにしては良い値段という感じです。笑

タオルは使いどころが多いので、結構喜ばれますよ。

値段も、良いものでもそこまで高くないので、おくった友人に気を使わせることもないです!

②グラスやマグカップ

「マグカップやグラス」も定番の引越しプレゼントで実用性があるのでおすすめです。

引越しの時は他にも用意するものが多すぎて、自分で使うグラスの購入は後回しになりやすかったりします。

ポイントとしては、来客など「もしもの時」にも使えるように、一人暮らしでもペアセットを選ぶと、後々反応良かったですね。

お酒が好きな方へのプレゼントなら、喜ばれること間違いなし。

ちなみに僕は毎回友人への引っ越し祝いはグラスにしてます。

③お皿

毎日よく使う「お皿」もプレゼントで喜ばれます。

お皿は、好みのデザインでなくても、料理や来客用など、なにかしら活用できるものです。

ポイントとしては、セットをおくる場合もそんなに枚数が多くないものや、利便性がある小皿がいいですね。

枚数が多いと、収納の邪魔になりますし、大皿とかは意外と使わないこともあるので注意です。

④食べもの

収納も関係なく、多くの方に喜ばれるのが、「相手が好きな食べ物」です。

これは僕の経験上、選ぶ人が多い印象です。

相手の好きなものを聞いておいて、ちょっと良いものをプレゼントするという感じです。

特に一人暮らしの場合は、お米をあげると喜ばれます。米があれば食事はなんとかなりますからね。笑

「食べもの+お皿」とかもかっこいいですね。

⑤目覚まし時計

最近では「目覚まし時計」も人気です。

今はスマホなんかを目覚まし時計代わりに使っている人が多いので、「必要ないのでは?」と思われるかもしれません。

でも、そんな今だからこそ、目覚まし時計はおすすめなんです。

寝る前にスマホをいじってしまい、睡眠の質が低下するのを防げますし、何より目覚まし時計を自分で買う人は結構少ないので、持っていない人が多いのもプレゼントする利点です。

特におすすめなのが、光で起こすタイプの目覚まし時計。

僕も実際に使ってますが、朝日を浴びる感覚で自然に目を覚ますことができます。

⑥キーケース

一人暮らしの方へのプレゼントには、「キーケース」も喜ばれます。

特にはじめての一人暮らしだと、自分で自分用のカギを常に持ち歩くことに慣れてない場合もあり、忘れがちになります。

意外とこのことを気にしていなくて、ケースを買っている人が少ないのですが、家のカギはケースに入れた方がなくし辛くなりますね。

僕はケースなしで持ち歩いて、3回なくしました...。カギはなくすと結構面倒ですよね。

カギを忘れそうな友人がいたら、キーケースのプレゼントを検討してみてください!

一人暮らしの友人へのプレゼントえらびの4つの注意点

注意

プレゼントするものが決まっても、どんな点に注意して種類をえらべばいいのか。

その注意点を解説します。

注意①:高すぎるものはダメ【1万円以下でOK】

一人暮らし用のプレゼントには、高価なものは避けた方が無難です。

高いものは、プレゼントをおくった相手に逆に気を使わせてしまうんですよね...。

僕の経験上、1万円以下のもので全く問題ありません。

プレゼントは値段でなく気持ちですからね。

注意②:サイズが大きいものはさける

サイズにも注意しましょう。

プレゼントする友人の部屋であげるならまだいいのですが、一緒に食事に行った時など外で渡す場合もあると思います。

その場合は持ち帰るのも大変ですし、自分が大きいプレゼントをかかえて移動してきたら、相手がビックリしますよ。

プレゼントは手軽に渡せて持ち運びやすいサイズが良いですね。

注意③:コーディネートをくずすのはNG

相手の好みのコーディネートをくずすものはNGです。

友人の中には、デザインへのこだわりが強い人もいると思います。

自分目線で良いデザインのものを選んで渡しても、後々「使わないな」と思われることが多いですね。

基本的には、シンプルなデザインのものを渡すべき。

無難に使ってもらえるものを意識しましょう。

注意④:自分がもらって困るものはおくらない

これは注意点のまとめみたいになってしまいますが、自分が困るものは絶対NGです。

自分が困るなら、相手も困ります。

僕が実際にあったのは、おしゃれな栓抜きとか謎の置物とかですね。
もらった瞬間反応に困り、「使いどころあるかな?」と感じました。

そういうものは、プレゼントしない方がいいです。

プレゼントを選ぶ時は、まず「もらった時に自分なら使うかな?喜ぶかな?」と考えて購入してください。

一人暮らし祝いのプレゼントは、気を使わせずに実用的なものを選ぶ

まとめ

せっかくのプレゼントですから、おくった相手に喜んでもらいたいですよね。

本記事でお伝えした、一人暮らしのプレゼント選びの注意点は下記の通り。

・高すぎるものはダメ【1万円以下でOK】
・サイズが大きいものはさける
・コーディネートをくずすのはNG
・自分がもらって困るものはおくらない

おすすめのプレゼントは、下記の通りです。

注意ポイントとおすすめを知っておいて、相手が喜ぶプレゼントをおくりましょう!

-ひとり暮らし
-, ,