メンタルケア

筋トレをすると精神安定して不安がなくなる【まず始めてみよう】

6月 25, 2020

筋トレをすると精神安定して不安がなくなる

筋トレするだけで精神を安定させる効果はあるの?
たとえ効果があると分かっても、続けていける自信がない…。
筋トレをはじめる手順や続けるためのコツを知りたい。

こんな疑問を解決します。

筋トレをすると、精神が安定し、人生を豊かにすることができます。

僕は筋トレを始めて8ヶ月たちましたが、考え方が変わり、人生が変わりました。

そこで今回は、筋トレを続けて実感した効果筋トレを始める手順はもちろん、続けていくコツまで解説していきます。

本記事を読めば、筋トレの価値を理解し、今の自分を変えるきっかけになります。

記事の内容

・筋トレをすると精神が安定する:効果を解説
・精神安定のために筋トレをはじめる手順
・筋トレを続けていく3つのコツ

スポンサーリンク

筋トレをすると精神安定して不安がなくなる

筋トレをする

僕は筋トレを習慣化して精神が安定し、ネガティブ志向やアトピーを改善し、健康体を手に入れることができました。

・筋トレをする前の僕:筋トレは面倒くさい精神。小さな事まで考えすぎるネガティブ性格。不摂生な生活。アトピー性皮膚炎。

・筋トレをする今の僕:筋トレは素晴らしい精神。考えすぐる事をやめたポジティブ性格。健康的な生活。体重が増えなくなる。アトピーが改善。

変化はこんな感じですね。

また、筋トレにはうつ症状を軽減する効果があることも分かっています。

筋トレをすると自信を持てるようになる

筋トレを習慣化すると、自信がアップして、不安感がなくなります。

筋トレには、

・基礎代謝アップによるダイエット効果や美肌効果
・体幹が鍛えられ姿勢が良くなる

こんな感じで、見た目の変化にも大きく関係するメリットが多数あります。

外見が目に見えて変わっていくと、自然に自信が湧いてくるようになって、いつもの景色が一変します。

筋トレをしたら自然に眠れるようになった

身体や心の疲れを癒すのに睡眠は欠かせません。

特に気分が下向きになり、考えすぎてしまうと、睡眠の質は低下します。

僕は日中に筋トレを行い、身体と脳に適度な疲労感を与えておくことで、夜は自然に深い眠りにつくことができるようになりました。

夜寝れるようになるだけで、かなり生活の質は改善するんです。僕はかなり実感できました。

・筋トレをする前の僕:不健康。深夜3時就寝で昼前起床。いつも眠気がある。仕事が手に付かない。家事も適当になる。
・筋トレをする今の僕:健康体。22時就寝で6時起床。いつもシャキッとできる。仕事の生産性が上がる。家事もきちんとこなし、部屋が整理され見た目も清潔になった。

こんな感じです。睡眠は偉大ですね。

筋トレでストレスが解消できる

僕が筋トレを取り入れるべきだと考える1番の理由が、ストレスを解消できることです。

筋トレをすると「幸せホルモン」とも言われている「セロトニン」が分泌されます。

セロトニンには、緊張をゆるめたり、気分をリフレッシュさせたりする効果があります。

また、筋トレは集中して取り組むことで、余計なことを考えなくて済むので、それだけでストレスを溜め込まない要因になるんです。

精神が不安定になると、1日の中で「何もしない時間」が出るもの。

これは仕方ない部分もありますが、「何もしない時間」で色々考えすぎてしまうのは心に疲れが溜まる一方です。

それなら、その時間のうち少しでも筋トレをして、身体はもちろん、心のリフレッシュにあてるのは、かなり効果的だといえます。

筋トレは量を気にせずまずやってみる事が大切

まず大切なのは「筋トレをすること」で、時間や量はそれほど気にしなくてOKです。

実際の研究で、筋トレを週に2回しようが、毎日しようがほぼ効果が変わらなかったというデータもあるそうです。

ヒロ

実際に僕は、週3で1日1時間未満の筋トレを続けていますが、十分筋トレの効果を実感できています。

量を気にするより、筋トレを自分のペースですることの方がずっと大事なわけですね。

精神安定のために筋トレをはじめる手順

筋トレをはじめる

ポイントとしては、目的は精神安定になるので、ムキムキになるための筋トレではないというところですね。

無理はせずに、自分のペースで筋トレしていくことが大切です。

筋トレをはじめる手順

僕が実際に筋トレを始めた時の手順は、下記のとおりです。

  1. 筋トレの方法や種類を知る
  2. 筋トレの環境を決める
  3. 習慣化して続けていく

こんな感じ。

1の筋トレの知識については、筋トレに詳しい友人に聞いたり、本を活用すればOKです。

筋トレを学ぶのにおすすめの本2冊

筋トレについての知識や方法については、本から情報を得られます。

僕が実際に読んでみて参考になった本は、2冊ありました。

1冊目:筋トレが人生を好転させる事を化学的に理解できる本

これを読めば、筋トレが不健康な自分を変える力がある事を、化学的根拠から理解できます。

結果的に、「今悩んでいるなら、とりあえず筋トレしてみよう」という思考になるはずです。

実際に僕がそうでした。

2冊目:筋トレに必要な食事がわかる本

これを読んでおけば、筋トレに必要な食事管理法を学ぶことができます。

この本を読みつつ、筋トレを続けていき同時に食生活を改善していくことで、心と身体の面からより健康体に近づけます。

筋トレ環境は3つから選ぶ

筋トレをする環境は、主に3つあります。

・自宅で筋トレ:自分の好きな時間にできる。ただし甘えやすい。方法は完全に自己流
・パーソナルトレーニング:自分に合った筋トレが学べる。マンツーマンで学べる。効果が出やすい。食事管理もしてくれることも。
・ジムに通って筋トレ:多くの器具を使って筋トレ可能。自分のタイミングでやるので結局は自分次第。人が多くいる。

こんな感じですね。

続けることに関して心配な方は、パーソナルトレーニングが1番おすすめかなと。

通常のジムよりコストがかかりますが、詳しく指導してくれますし、効果が出やすいので気付いたら続けられます。

今はオンラインでのサービスもあるので、場所や時間を選ばずにはじめることもできますね。

オンラインフィットネスサービス『LEAN BODY(リーンボディ)』を詳しく見る >>

筋トレを続けていく3つのコツ

筋トレを続けるコツ

僕が筋トレを続けていく上で苦労したのは、モチベーションの維持ですね。

そこで、実際にモチベーションを維持していくことで役立ったコツを解説します。

筋トレ仲間をつくる

筋トレ仲間をつくるのは効果がありました。

結構筋トレって孤独なイメージがありますよね。

ですが、誰かと一緒にすることで客観的に効果を実感することにもつながりますし、頑張れるんですよ。

僕の場合は、ジムでよく会う方と仲良くなったパターンでしたが、SNSを活用して筋トレ仲間を作り、情報を共有するのも効果ありですね。

朝に筋トレをする

朝に筋トレをすると、習慣化しやすかったです。

実際に、何かを習慣化したい場合、朝に行う方が効果的というデータもあるみたいですね。

これは僕の経験上確かで、最初は仕事終わりの夜筋トレをしていたんですが、結構「仕事で疲れた」とか「眠い」とかの理由で、心の中で筋トレの優先順位が下がりがちになるんですよ。

困っていたら、「筋トレは朝が良いらしい」という情報が友人から入り、実際に朝取り入れるようになって習慣化できました。

朝の筋トレは生産性向上にもつながったので、かなり生き生きとできます。

無理は絶対しない

無理はNGです。

結構筋トレは無理してなんぼの感じもありますが、精神安定や健康維持が目的の場合、無理すると続かないですね...。

だからと言って、怠けろという訳ではないです。筋トレは続けることが大切です。

例えば、今日は面倒だなと感じたら、少し時間を短めにするといった工夫をすると、続けていくことにはつながります。(毎日面倒と感じるは甘えです)

特に精神的に無理をすると、ストレスが溜まっていく原因になるので要注意です。

筋トレをすると人生を変えられる

まとめ

間違いなく筋トレは人生を変えるきっかけになりますよ。

特に、「筋トレなんて…」と思っているあなたにはぜひ試して欲しいです。

まずは期間を決めて、やり切ってみてください。

僕は実際に3ヶ月筋トレを続けてみて、精神状態がかなり改善し、余計なことを考えなくなりました。

正しい筋トレには正しい食生活もセットなので、健康維持にもかなりおすすめ。

ぜひ一緒に筋トレでハツラツとした毎日を送りましょう。

人気記事ストレス解消には睡眠が必要です【質の良い睡眠をとる方法10選】
人気記事ストレス解消に運動が良い4つの理由【おすすめの運動3選】

-メンタルケア
-,

© 2021 yakutatsuREC.