ライフスタイル

ひとり旅は宿で決まる?【はじめてでも失敗しない宿選びの方法】

1月 10, 2020

せっかくのひとり旅で宿選びを失敗したくない!
ひとり旅の宿はどんな宿が良いのだろう?

実際にひとり旅をしたいと思った時に行き先と同じく重要になる宿泊先。
旅を左右する宿決めは、初心者ですと注意点も分からず失敗しやすい所ですよね...
本記事ではひとり旅歴7年の私が考えるひとり旅で宿を決める際のポイントをお話しします。

ひとり旅は宿で決まる?【はじめてでも失敗しない宿選びの方法】

 ひとり旅の宿を決めるにあたって、何より大切なのは、自分のテーマに沿ってポイントをおさえる事です。ここから私の体験談を元に注意すべきポイントについて見ていきます。

宿を決める際のおすすめ注意ポイント

食事

 まずは基本ポイントである食事についてです。昨今は宿泊している客室で食事をとる宿は減ってきていて、基本的に宿内のレストランや料亭などで時間を決めて食事をする事が多くなっています。その為、ひとりで宿泊した際の食事をとる場所のリサーチは必須です。
 このリサーチの際に特にポイントとなるのが、バイキング形式の食事ではないかどうかです。バイキング形式の食事の場合は、高確率で広い場所に無理やり用意した?と言った形のひとり席(団体の近くなど)に通され、終始落ち着けないまま食事が終わります。そして人によっては視線が気になると言った場合もありますのでご注意ください。(バイキング大好き人間なら話は別ですが...)
 また、夕食は外食にして夜の観光地を味わいたい、と言う方もいると思います。(私がそうです) そういう方は、特に周辺についてリサーチをすると良いです。送迎はあるのか、徒歩圏内に気になるお店はあるかなど要チェックです。

景観

 ひとり旅を求める方の中には、仕事を忘れて非日常を味わいたいとか、日頃の疲れを癒したいと思われている方も多いと思います。そこで大切になるのが部屋からの景色です。
 「旅行のプランの中で、絶景スポットに行くから大丈夫」
そう思われた方もいると思います。しかし、通常の複数人数での旅行等ならそうかもしれませんが、ひとりですと滞在時に意外と窓際にいる事が多くなったり、部屋からふと外を見る機会が多くなります。
 夜就寝する前に見る景色は、その旅の印象を決めたりもしますし、視覚から得る情報ってのも重要になりますのでおすすめ致します。

貸し切り露天風呂付き客室がある宿

 タイトルだけ見ると、貸し切り露天風呂付き客室がある宿がいいのか?と思われるかもしれませんが、NOです。
 貸し切り露天風呂付き客室があり、比較的客室が少ない宿ですと、平日の大浴場は基本的に貸し切り状態になることが多いです。長い期間色々な宿にひとりで行っていますが、人とあった事は7年間で本当に5回以下でした。(運がいいだけかもしれませんが...) ただこれは極端な話ですし、また平日限定の話なので頭の片隅にでも置いていただければと。

ネット環境

 主に客室内のWi-Fi設備です。ひとり旅ですと必須と言っても過言ではないWi-Fi設備ですが、意外と他の注意点に着目していると、予約後にWi-Fiが客室になかった...なんて事があったりします。ちなみに私はこれを凄くやりがちな人間です。他の皆様はこんな初歩的なミスしないよ!と思われているかと思いますが、稀に抜ける心配があるので念の為ポイントとして挙げておきます。

いかがでしたでしょうか。皆様もひとり旅には宿のリサーチをお忘れなく。
自分に合った宿を決めて、旅に出ましょう。

-ライフスタイル
-, , , ,