アトピー

アトピーはお酒を飲むと悪化する?【お酒と付き合う5つのコツ】

アトピーはお酒を飲むと悪化する?

赤ワインと日本酒が大好きなヒロです。

・お酒でアトピーが悪化するの?
・お酒を飲んでもかゆくならない方法は?

こんな疑問を解決します。

アトピー性皮膚炎は、お酒を飲むと悪化する危険性があります。

知らずに飲酒を続けることは、かゆみを誘発し、肌を自らボロボロにする事につながるかも...。

そこで今回は、「お酒がアトピーを悪化させる理由」や、「上手なお酒との付き合い方」を解説していきます。

本記事を読めば、アトピーが飲酒する危険性を理解し、上手にお酒と付き合う事ができます。

記事の内容

・アトピーはお酒を飲むと悪化する?:3つの理由
・アトピーのお酒との付き合い方:5つのコツ
・お酒を絶ってかゆみが軽くなった話:経験談

アトピーはお酒を飲むと悪化する?:理由

お酒を楽しむ人たち

アトピーがお酒を飲むと悪化すると言われる主な理由は、下記の通りです。

・肌を乾燥させる
・かゆみが増す
・無意識にかくようになる

順番に解説していきます。

肌を乾燥させる

お酒を飲むと、肌を乾燥させる危険性があります。

アルコールには利尿作用がある事は、ご存知の方も多いはず。

ヒロ

飲み会の最中や後で、頻繁にトイレに行きたくなるのはこの利尿作用が原因ですね。

利尿作用があるということは、体が脱水状態になり、肌を乾燥させる可能性があるということになるわけです。

かゆみが増す

アトピーがお酒を飲むと、かゆみが増してしまいます。

原因は、「血流が良くなる事」と「お酒に含まれる糖類」と考えられています。

通常の人がお酒を飲んだ場合でも、顔が真っ赤になり、肌をガシガシかく人がたまにいますよね。

アトピーは肌がより敏感になっているので、細心の注意が必要になります。

無意識にかくようになる

僕の経験上、これが1番厄介なのですが、お酒を飲むと無意識に肌をかいてしまう事が増えます。

しかも、麻酔作用により掻いても痛みが少なく、悪化しやすいんです。

特に寝ているときにかく事が増えてしまい、起きてから「やってしまった」という事態になります。

アトピーのお酒との付き合い方:5つのコツ

お酒と上手に付き合う

実際に経験して分かった、アトピーがお酒と上手に付き合うコツは、下記の通りです。

① 自分の適量範囲で飲む
② 毎日続けて飲まない
③ 飲酒後の入浴はさける
④ グルテンフリーのお酒を選ぶ
⑤ 症状がひどい時は飲まない

早速、1つずつ解説していきます。

その①:自分の適量範囲で飲む

お酒を飲む時は、自分の適量にとどめましょう。

適量は個人差があります。

元々強いからたくさん飲んでも大丈夫と言う方もいますが、適量は年齢や体調などによって常に変化していきます。

一般的にいえば、ビール中びん1本、日本酒1合、焼酎0.6合ぐらいが目安。

ただ、アトピーの場合は肌が敏感になっている事もあるので、通常より飲み過ぎには注意が必要ですね。

その②:毎日続けて飲まない

自分の適量を飲んでいても、毎日飲むのは避けるべきです。

お酒を飲むと、肝臓には中性脂肪が蓄積され、胃や腸といった消化管の粘膜も荒れてきます。

これらの臓器の修復のために、一般的には週に2日程度の休肝日を作ることが必要だとされています。

休み方としても、理想は「5日続けて飲むんで休む」ではなく、「2、3日飲んで1日休む」がベター 。

ちなみに僕も基本はこの方法で飲酒をしています。

その③:飲酒後の入浴はさける

飲酒後の入浴は、NGです。

お酒を飲むだけでも血流が良くなり、かゆみが出るもの。

その状態で入浴してしまうと、体が温まり、さらにかゆみが出てしまいます。

前述の無意識にかいてしまう事も増えるので、絶対にさけるようにしましょう。

その④:グルテンフリーのお酒を選ぶ

近年、小麦などに含まれる「グルテン」がかゆみを誘発する可能性があると注目されています。

そこで、お酒でもグルテンフリーを意識する事が大切です。

主なグルテンフリーのお酒は、赤ワインや日本酒になりますね。

僕も赤ワインか日本酒を飲むようにしています。

また、ビールでもグルテンフリーなものもあるので、参考に載せておきます。

※上記の3つのビールは、正確には「ビール風味飲料」に分類されるものです。

その⑤:症状がひどい時は飲まない

基本ですが、アトピー症状がひどい時はきっぱり飲まないようにしましょう。

最初からかゆみや炎症がひどいのに、「今日は飲んでいい日だから」と飲んでしまっては、絶対に悪化します。

アトピーがひどい時は絶対に飲まないと割り切る事が大切です。

お酒を絶ってかゆみが軽くなった話:経験談

喜ぶ女性

以前の僕は、寝酒としてお酒を飲む事が日課でしたが、これがアトピーのかゆみを悪化させていた原因の1つでした。

正直それが分かった後も、飲酒が癖になって飲み続けていましたが、ある時に「これではダメだ」とアトピー改善のため止めることを決意。

その結果、寝る前に感じていたかゆみが軽減しました。

ずっと断酒を続けなくても大丈夫でした

アトピーが改善した後もずっとお酒をやめているわけではなく、改善した後は飲んでいます。

もちろん、前述のグルテンフリーを意識して、赤ワインや日本酒など種類を限定したり、量にも注意しています。

これで今のところ悪化はなし。

何事もほどほどに、無理しない事が大切ですね。

お酒は絶対ダメではないけどほどほどに:まとめ

まとめ

絶対に飲酒はダメとは言いませんが、アトピーの症状がひどい時はやめる事は大切です。

飲む場合も、かゆみの誘発につながるので、ほどほどに自分の適量を守って楽しく飲みましょう。

お酒に限った話ではなく、過食や飲み過ぎは、アトピーはもちろん体にいいことはありませんからね。

関連記事アトピー体質を改善する食事【改善のポイントと読むべき本3選】
関連記事アトピーが小麦粉で悪化する?【グルテンフリーで解決できます】

-アトピー
-,