ライフスタイル

毎日の運動でモチベーションが上がる理由【運動の習慣化をする方法】

1月 12, 2020

 こんにちは、hiroです。
健康や生活に変化を求め、運動を始めようと考えている方の中には
毎日続ける事ができない。そもそも運動をする理由は? など疑問を持たれている方もいらっしゃると思います。

 本記事では、毎日運動を続ける事1年以上。体も精神も豊かに変える事ができた
私の実体験も踏まえて、運動を続けることの大切さと重要性についてお話しします。

毎日の運動で体と心が豊かになる理由

 まず早速結論から言うと、毎日の運動によって体と心、特に心の充実を得る事ができるからです。心が整えば、体も整える事ができます。
 何故なら、運動を続ける事により、気分転換やストレス発散に繋げる事ができるからです。

□運動を続ける事による生活への影響

 運動とひと事で言っても、様々な種類がありますが、本記事で触れる運動は、無理なく続ける事ができる運動、簡単な有酸素運動(ウォーキングやジョギング、水泳など)を意味しています。
その中でもお勧めするのは、10から20分程度の軽めのウォーキングです。そして、是非朝起きた後に実施してください。
朝ウォーキングを実施する事によって、脳が活性化し、心に安らぎをもたらすと言われているセロトニンなどの神経伝達物質が脳内に増えることも現在は分かっています。難しい言葉で説明しましたが、簡単に言うと凄く起きた!と言う状態になります。
 また、気分転換にもなり、運動に集中する事によって、一時的ですが、嫌な事とかを忘れることもできる筈です。そして、運動を数日続けていくと、達成感なのか、すごく運動を続けている自分に自身が持てるようになってきます。
自分に自信を持つ事は精神的にも非常に重要なので、それを朝実施する事ができれば1日が素晴らしい日にする事ができると自然に考えられるようになります。
 実際に私も朝ウォーキングをする事で、活力を得られ、その活力を様々な勉強など学びの時間や仕事に向ける事ができました。

□運動をしない事で起こり得る問題

 次に運動をしない事でのデメリットもご紹介します。
色々あるのですが、特に挙げられるのは、生活習慣病(肥満や糖尿病)のリスクが高くなる、疲れやすくなる、精神疾患リスク増加などではないかと思います。
今回特に注意すべきは、精神疾患リスク増加です。何故ならば、精神が健康であると体も健康でいられる確率が上がるからです。よく病は気からと言いますよね。この言事はすごく正しいと思います。運動をして、充実した精神を持つ事で、例えば家事をやる事だって簡単に思えますし、仕事に対する考え方も変わります。精神疾患を予防することは、体全体を安定させる事に繋がるのです。
 実際に私も、運動を始める前は物事を考え過ぎてしまう性格で、体調もアトピー含め色々大変でした。しかし運動という習慣を取り入れた事により、次第に改善していき、アトピーも今では問題なく過ごせています。アトピー対策に関しての記事はこちらからご確認ください。

□毎日の習慣化が何より大切

 前述したとおり、ここで言う「運動」は、激しいスポーツの事ではありません。簡単なウォーキングなどの有酸素運動です。
そして習慣化する上で何より大切なのは、初めは質ではなく、運動をしたという事実と言う所です。
人はどうしても、毎日生活していると、たまに今日は何かする事が全て面倒だなとか思う日もあります。私もしょっちゅうあります。。
しかし、そんな時でも例えば、いつも20分程度歩いているところを、10分にしてみるとか、家の周りを5分だけにしよう、でもいいのです。まずは、毎日運動を続けているその結果、事実が大切です。それを続けていくと不思議ですが、徐々に「毎日続けている」という事が心の支えになり、自然と習慣化している事に繋がるのです。これは運動でなく、他にも応用が聞くので是非お試しください。
 数年前、ある恩師に言われた言葉があります。「毎日続ける事が大切であり、量はその人の気分でいい」 この言葉は今も私の胸に残り続けています。 

 誰しも初めから完璧にできません。自分のペースを見つけて、心と体に負担なく行っていく事が大切なのです。

-ライフスタイル
-, , , ,