在宅勤務

在宅勤務におすすめのWiFi 5選【評価とコスパの良さ重視】

4月 23, 2020

在宅勤務におすすめのWiFi

在宅ワーク歴4年、いつもWi-Fiを活用しているヒロです。

在宅ワークをはじめるのに、WiFiが欲しいけど、どれを選べば良いか分からない...。
できれば、安くて問題なく使えるWiFiを使って、月の固定費を少なくしたいな。

こんな疑問を解決します。

在宅勤務を始めるにあたって、ネット環境の準備が必要になる方も多い中、手軽から注目されるのが、Wi-Fiサービスです。

ですが、ポイントをおさえず適当に選んでしまうと、後々「失敗した!」なんてことになる可能性も...。

そこで今回は、在宅勤務にオススメのWiFiはもちろん、選び方のポイントまで解説していきます。
本記事を読めば、在宅勤務に必要なWiFiの特徴を理解し、ネット環境を用意することができます。

記事の内容

・在宅勤務のWiFi導入前にまず確認すべき2つのこと
・在宅勤務のWiFi選びに失敗しない方法:3つのポイント
・在宅勤務(テレワーク)におすすめのWiFi 5選

在宅勤務のWiFi導入前にまず確認すべき2つのこと

WiFiと男

まず、WiFiを契約する前に、下記の2つを確認しておきましょう。

・すでに光回線と契約をしていないか
・在宅勤務は、「自宅のみ」or「外出も必要」なのか?

順に解説していきます。

その①:すでに光回線と契約をしていないか

すでに自宅に光回線プロバイダを引いる方は、新たにWi-Fiを契約する必要はありません。

新たにWi-Fiを契約しても、無駄な出費が増えるだけです。

この場合は、「Wi-Fiルーター」を購入することでネット問題は解決です。

その②:在宅勤務は「自宅のみ」or「外出も必要」なのか?

続いて、あなたの在宅勤務は、完全に自宅のみで完結するのか、たまの出社や外出先での作業が必要になるのかを確認してください。

その状況によって、

・自宅のみ:置き型のWiFiレンタル、もしくは固定回線との契約でOK。
・外出が必要:持ち運び可能なポケットWi-Fiが必要

このように、必要なサービスが変わります。

ヒロ

後ほど詳細に触れますが、固定回線の開通は、混み合っている時期ですと1ヶ月先なんてこともあります。
もし急を要するなら、Wi-Fiサービスが簡単にネット環境を用意できてコスパも良いです。

在宅勤務のWiFi選びに失敗しない方法:3つのポイント

リスト

在宅勤務のWiFi選びのポイントは、下記の3つになります。

・セキュリティの確認
・必要な通信量の確保
・安定した通信速度

順番に解説していきます。

ポイント①:セキュリティの確保

使用しているインターネット環境のセキュリティが甘いと、大切な会社や顧客情報が漏れてしまう可能性があります。

そのため、街中にあるフリーWiFiの利用はNG。
セキュリティ面でも安心なポケットWiFiなどのサービス利用が必要です。

ヒロ

一般的なWiFiサービスでは、パスワードで暗号化されているので、基本的にセキュリティは問題ありません。
ただし、会社の規定で、WiFiの契約について、詳しく条件が指定されている場合もあるので、注意してください。

その②:必要な通信量の確保

在宅勤務やテレワークの場合、通信制限がかかってしまうと、正直何もできなくなります。

そこで、必要な通信量を確保することは必須。

ヒロ

僕の経験上、在宅勤務の1ヶ月の通信量は大体「35GB」程度の確保は必要でした。

ちなみに主な内訳としては、

・Chrome:約29GB
・Skype:約2GB
・システム:約1GB
・Slack:約0.5GB

・合計:約32.5GB

こんな感じです。

Skypeのビデオ通話の場合、1時間で約250MBは消費します。

話題のzoomのビデオ会議だと、1時間で200MB〜500MBぐらい消費している方が多いようですね。

そこで、容量制限がない、無制限で使えるWiFiを選ぶ方が、ベストに思えます。

その③:安定した通信速度

通信速度が遅いと、ビデオ会議に支障が出たり、メールの送受信にも問題が出てきます。

zoomのサービスを例に挙げますが、zoom利用に必要な通信速度の目安は、高品質ビデオだと600kbps、HDビデオだと1.2Mbpsです。(参考:zoom公式サイト)

WiFiサービスの、最高速度の平均が150Mbps〜1Gbps。

つまり、通常のWiFiサービスなら条件は満たしているという事になります。

ヒロ

と言っても、もちろん早いに越したことはありませんけどね...。

在宅勤務(テレワーク)におすすめのWiFi 5選【コスパの良さで厳選】

WiFi,icon

ここからは、在宅勤務におすすめのWiFiサービスをご紹介します。

快適な使用感はもちろん、今回はコスパの良さにも注目して厳選しました。

① 限界突破Wi-Fi

✔︎主な特徴

初期費用:無料
料金・容量:定額の3,500円(税別)で無制限
発送:申込後3日~8日前後
備考:今なら本体・事務手数料無料

「限界突破Wi-Fi」のおすすめポイントは、料金が上がる事なく、ずっと定額で使い放題という点ですね。

さらに、大容量のバッテリー搭載で、最大15時間利用可能なのも嬉しいポイントです!

クリックすると限界突破Wi-Fi公式HPに移動します
※本体・事務手数料無料キャンペーンはいつ終了するかわからないのでお早めに

② Ex Wi-Fi

✔︎主な特徴

初期費用:無料
料金・容量:2,980円(税抜)で最大50GB
発送:最短即日
備考:一定期間での容量制限なし

Ex Wi-Fiのおすすめポイントは、月50GBの通信量で月額2,980円(税抜)というコスパの良さですね。

こちらも、連続通信可能時間が20時間と、長時間利用が可能です!

クリックするとEX Wi-Fi公式HPに移動します

③ WeBe!(ウィ・ビー)WiFi

✔︎主な特徴

初期費用:無料
料金・容量:3,280円(税抜)/ 月制限なし(1日5GB超過で速度制限あり)
発送:最短翌日
備考:今なら端末保証金30,000円及び契約時事務手数料3000円が無料

WeBe!(ウィ・ビー)WiFiのおすすめポイントは、シンプルなプランと今だけお得なキャッシュバックキャンペーンですね。

申込後、最短で翌日発送してくれて、最低契約期間も3ヶ月と、急いでネット環境が必要になった方には特におすすめです!

クリックするとWeBe!(ウィ・ビー)WiFi公式HPに移動します
※初期手数料無料キャンペーンはいつ終わるか分かりませんのでお早めに。

④ それがだいじWi-Fi

それがだいじWi-Fi

✔︎主な特徴

初期費用:3,000円
料金・容量:2,380円〜3,180円 /  20GB〜使い放題
発送:最短即日
備考:自分の使用量に合わせてプランの選択が可能

それがだいじWi-Fiのおすすめポイントは、自分の使用量に合わせてプランの選択が可能なところです。

あまり通信量を使わないのに、高い金額を支払うのはおかしいですよね。

その不満をなくせるサービスです!

クリックするとそれがだいじ WiFi 公式HPに移動します

⑤ Softbank Air

✔︎主な特徴

初期費用:3,000円(キャッシュバックキャンペーン利用で実質0円)
料金・容量:4,800円 → 12ヶ月間3,800円で利用可能 /  無制限
発送:申込日から最短で4日~7日程度で到着
備考:最大35,000円キャッシュバックあり

Softbank Airのおすすめポイントは、下り最大481Mbpsという速度と、キャッシュバックキャンペーンですね。

簡単に言えば、固定回線に近い速度を、工事なしで使用できます。

「Wi-Fiより固定回線が良いけど、工事の面倒さと料金がな...」と感じている方には、特におすすめです!

クリックするとSoftbank Air 公式HPに移動します
※キャッシュバックキャンペーンはいつ終わるか分かりませんのでお早めに。

まとめ:在宅勤務のWiFi は用途に合わせて選ぶ

記事のまとめ

在宅勤務のWiFiは、自宅だけの使用なのか、外出が必要かなど、用途に合わせて選びましょう。

コスパの良いWi-Fiを利用し、快適なネット環境を用意する事で、充実した在宅勤務の生活がおくれますよ!

-在宅勤務
-,