在宅勤務

「在宅勤務はさぼる」は間違い?【働きすぎに注意が必要です】

在宅勤務はさぼるは間違い!働き過ぎに注意。

自宅でちょっと目を離すと働きすぎる、ヒロです。

在宅勤務はさぼり放題で楽そうだけど、実際どうなのかな...。
自己管理ができないと難しいって聞くし、ちゃんと仕事できるのか心配。

こう思っている方、間違ってますよ...。

僕の経験上、在宅勤務は働きすぎてしまう方が心配です。

そこで今回は、在宅勤務で働きすぎてしまう理由や、さぼる人の特徴、仕事と私生活のバランスを取るコツを解説していきます。

本記事を読めば、働きすぎる理由を理解し、充実した在宅勤務をするための方法が分かります。

 

記事の内容

・在宅勤務は働きすぎる3つの理由
・少しの「さぼり」も必要かもしれない話【経験談】
・在宅勤務でさぼる人の特徴
・仕事と私生活のバランスを取る3つのコツ

「在宅勤務はさぼる」は間違い:働きすぎる3つの理由

在宅勤務

結論から言うと、在宅勤務は暇などころか、働きすぎる可能性があります。

在宅勤務が働きすぎる理由は、下記の通り。

・仕事に集中できる環境
・「仕事がたくさんある」と勘違いする
・慣れや成果を求めすぎる不安

1つずつ解説していきます。

理由①:仕事に集中できる環境

在宅勤務では、同僚は近くにおらず、自分ひとりで仕事ができます。

つまり、余計な事を気にせず仕事に集中できる環境があるのです。

これは良いことに思えますが、在宅勤務に慣れていないと、仕事とプライベートの境が曖昧になりやすく、「気がついたら夕方」なんてこともあったりします...。

ヒロ

会社員の場合、会社が休憩を含めスケジュール管理をしてくれる場合もあるので、ありがたいですね。

フリーや裁量を持って仕事をしている方は、自己管理能力が大切になります。

理由②:「仕事がたくさんある」と勘違いする

在宅勤務になったからと言って、仕事の量が増えることは基本ありません。

しかし、自宅で1人になって、考える時間ができる事で、「あれもやっとかなきゃ」と言う思いがどんどん出てきて、仕事しちゃうんです。

ヒロ

会社で、自分以外の人がやるべき事を決めている場合が多いと、この状態に陥りやすいです。

確かにやるべき事はあるかもしれませんが、本当に今日やる必要があるのかを考えてみましょう。

ある程度、仕事の優先順位を決めることも必要になってきますよ。

理由③:評価基準が分からない事での不安

これは会社員に多いのですが、在宅勤務では、自分を評価される基準が、はじめのうちは曖昧になると思います。

答えとしては、「成果をあげること」ですが、その成果は何になるのか、分かりづらいと感じてる方も多いはず。


基本的に、会社の評価の仕方は、大きく分けると2つあります。

① 定性評価:会社が仕事の姿勢などでの評価
② 定量評価:数値化できるもの、結果での評価

このうち、日本の会社では、①を大切にしている所が多いように感じます。

ヒロ

大切なのは成果を上げることで、結果を残しているのに評価されないのはおかしな話ですよね。

こう言った現状が、「見られていないこと」への不安を生み出し、心の余裕を奪っていくのです。

在宅勤務が普及し始めている今、大切なのは、結果を残した人を正しく評価する、定量評価ではないでしょうか。

少しの「さぼり」も必要かもしれない話【経験談アリ】

relax, home

僕の経験上、在宅勤務では少しのさぼりも必要だと思います。

何より心身の健康が、生産性を生み出す秘訣ですからね。

まじめな人ほど生活のリズムを崩しやすい

普段まじめに働いている人ほど、働き過ぎて体調を崩すことが多いです。

ヒロ

自分で言うのも恥ずかしいですが、僕もまじめな方なので、働き過ぎがちです。

ちなみに、ある日の僕の在宅勤務スケジュール(結果論)は下記の通り。

8:00 ▶︎ 仕事開始。
15:00 ▶︎ トイレの際に時間に気づき、ランチ。
20:30 ▶︎ 目の疲れで我に帰り、ディナー。
21:00 ▶︎ まだやる事がありそうと思い、仕事開始。
01:00 ▶︎ 就寝

正直予定外だらけですが、最初のうちはこんなスケジュールが多かったです。

在宅での仕事は、まじめな人が仕事に集中し過ぎてしまう環境とも言えますね。

これはダメだと気づいて「さぼり」を始める

流石にこれだと体がおかしくなると思い、仕事以外のことに目を向けるようになりました。

例えば、

・本を読む
・映画を見る
・散歩をする
・運動をする

こんな感じですね。

すごく普通な事ですが、こうして少しの「さぼり」を入れる事で、良い息抜きになります。

ポイントは、あなたが「他に集中できるもの」を見つける事です!


働きすぎる在宅ワーカー:リアルな声

在宅ワーカーの方は実際に働き過ぎているのか。

リアルな声を見ていきます。

多く目にした意見としては、

・始まる前は楽だと思ってたけど、実際は働きすぎることが多い。
・仕事とプライベートの境界線が難しい
・体調を崩して初めて働き過ぎと気づいた

こんな感じですね。

やはり、少し調べるだけでも、在宅ワーカーで働きすぎる人は多い印象です。

在宅勤務でさぼる人の特徴

party,people

もちろん、在宅勤務でさぼる人もいます。

在宅勤務でさぼる人の特徴は下記の通り。

・普段からさぼり癖がある
・部屋にものが多い
・孤独が苦手な人

順番に解説していきます。

その①:普段からさぼり癖がある

会社でもさぼる癖がある人は、必ずと言って良いほど在宅勤務でさぼります。

この場合は、「在宅勤務」がさぼる理由ではなく、その人の姿勢が問題ですね。

前述の定量評価がどんどん普及すれば、こういった人はどんどん淘汰されていくでしょう。

ヒロ

結果を残せば堂々とさぼれる。こんな世の中が待ち遠しいですね。

その②:部屋にものが多い

誘惑の多さ=さぼりやすさです。

・テレビ
・ゲーム機
・漫画
・タブレット端末

このようなものが、手の届く範囲にありませんか?

仕事をする場所や部屋は、仕事に必要なものだけにすることがオススメです。

簡単に言えば、PCとネット環境だけで基本OKですね。

ヒロ

趣味や嗜好品は、結果を残してから楽しみましょう。

その③:孤独が苦手な人

ひとりで何かをするのが苦手な人は、さぼりやすいです。

たまに、シーンとしている場自体を嫌う人もいますよね。

これは僕も分からなくもないですが、在宅勤務を続けると、意外とひとりが気にならなくなりますよ。

ヒロ

僕も最初はひとりが苦手でしたが、結果を残すことに集中して、収入や生活を安定させることで、今ではひとりの時間を楽しんで生きています。

仕事と私生活のバランスを取る3つのコツ

balance

ここからは、「働き過ぎ」をなくすための方法を解説します。

在宅勤務を経験してわかった、仕事と私生活のバランスを取るコツは、下記の通りです。

・定時をつくる
・簡単な日記をつける
・適度な運動

順番に解説していきます。

その①:定時をつくる

1日の勤務に定時をつくりましょう。

例えば、

始業:午前9時
終業:午後17時
休憩:12時~13時

こんな感じですね。

多少の前後はあるでしょうが、これを習慣化すれば、体が自然に休む時間を知らせてくれるようになりますよ!

その②:簡単な日記をつける

1日の終わりに、簡単で良いので日記をつけましょう。

書き方としては、

・箇条書き
・3〜5行程度でOK
・その日したこと・あった事を書く

こんな感じで十分です。

下記は、僕が実際に書いている日記の1部です。

簡単日記の例

字が汚いのは置いといて、ただの箇条書きですよね。

これを続ける事で、その日したことを客観的に見ることができるので、改善点もすぐ分かります。

ヒロ

簡単日記は、時間がなかったり、面倒さを省くためのものですので、もちろん、ガッツリ日記でもかまいません!

その③:適度な運動

軽くお話しましたが、他に集中できるものを見つけることも大切です。

中でも、僕の経験上、運動はかなり有効でした。

運動と言っても、無理をするようなコトはしなくていいです。

・近所を散歩
・簡単な筋トレ
・ヨガ

こんな感じですかね。

特にヨガはおすすめで、自宅で簡単にできて、短い時間でかなり頭がスッキリしますよ!

今は、自宅でヨガを習うことができるサービスもあるので、初心者の方も安心です。

気になる方は、無料体験もあるので下記をチェックしてみてください!

クリックするとLEAN BODY(リーンボディ)公式HPに移動します
※今なら2週間の無料体験ができます。
※無料体験はいつ終了するか分かりませんのでお早めに。

在宅勤務は少しさぼるくらいが丁度良い:まとめ

記事のまとめ

「在宅勤務はさぼる」ではなく、働きすぎる心配もあります。

成果を上げることは必要ですが、何事もやり過ぎは心身に良くありません。

仕事と私生活のバランスをうまく取り、快適な在宅勤務にしましょう。


-在宅勤務
-,