在宅勤務

在宅勤務の部屋とスペースづくり【4つのポイントで快適な仕事環境にする】

在宅勤務の部屋とスペースづくり

いつもリビングで仕事をしている、ヒロです。

在宅勤務では、リビングや寝室とは別に仕事部屋をつくった方がいいの?
部屋がない場合はどうするの?
実際に在宅勤務している人の仕事環境が見たい。

こんな疑問を解決します。


在宅勤務は、仕事をするための部屋や、スペースの用意も必要になります。

でも、急に用意が必要になったり、「余分な部屋がない」と焦る方もいるはず。

そこで今回は、在宅勤務の部屋とスペースづくりのポイントや、レイアウト例を解説します。

本記事を読めば、在宅勤務のワークスペースの注意点を理解し、仕事環境を整えることができます。

 

ポイント

・在宅勤務の部屋とスペースづくり:4つのポイント
・実際どんな場所で仕事してるの?:実際のレイアウト紹介

スポンサーリンク

在宅勤務の部屋とスペースづくり:4つのポイント

エネルギー

在宅勤務の部屋づくりのポイントは、下記の通りです。

・仕事部屋をつくる or スペースを確保する
・見られることを意識する
・デスクと椅子にこだわる
・必要なものでシンプルに

順番に解説していきます。

その①:仕事部屋をつくる or ワークスペースを確保する

まず、仕事部屋を用意するか、ワークスペースを確保するかを決めます。

選び方のポイントとしては、下記の通りです。

✔︎仕事部屋をつくるべき人
・仕事と私生活をハッキリ分けたい
・自己管理が苦手
・家族で暮らしている
・ビデオ会議が頻繁にある

✔︎ワークスペースの用意で問題ない人
・自己管理能力がある
・ビデオ会議がない
・一人暮らし
・静かだと集中できない

こんな感じでわかれます。

一部会社では、セキュリティ保護のため、家族の居住スペースと仕事場所を分けるように指定される事もあります。

この場合は、会社規定に従いましょう。

 

その②:見られることを意識する

特に、ワークスペースをつくって仕事する場合、ビデオ会議の際に、自分の顔と、後ろの部屋の様子が見られる可能性があります。

そのため、会議の前は、うつる可能性がある場所を綺麗にしたり、目隠しが必要になる事も。

目隠しの場合は、パーテーションを使ってる人が多かったです。

ただ、お金もかかりますし、ちょっと気を使って片付ける程度で問題ないと思います。

ヒロ

ちなみに、僕の場合は完全に散らかった状態でビデオ通話してました...。お恥ずかしい。

その③:机(デスク)と椅子にこだわる

仕事をする場所が決まったら、デスクと椅子の用意ですね。

正直、場所選び以上に、この2つのアイテムが、在宅勤務には重要です。

ヒロ

在宅勤務では、パソコン作業が多くなるので、同じ姿勢でいる時間が長くなります。
これによって起こる体調不良を予防したり、リラックスして仕事をするためには、机と椅子は大切です。



机と椅子選びのポイントは、下記の関連記事で解説していますので、ご活用ください。


その④:必要なものでシンプルに

必要のないものは、部屋やワークスペースから排除しましょう。

必要のないものを目の届く範囲におくと、集中力が散漫になります。

自宅には、「娯楽」という敵が多いのも事実。

部屋・スペースづくりの段階で注意しておく事で、在宅勤務の生産性を上げる事ができます。

実際どんな場所で仕事してるの?:リアルな状況

悩んで仕事をする男

実際に在宅ワーカーがどんな部屋、スペースで仕事をしているか、リアルな状況を見てみましょう。

基本的に、特徴は下記の通りでした。


・「仕事部屋をつくる」と「ワークスペース」の割合は3:7程度でワークスペース確保が多かった。
・棚やパーテーションなどで、居住スペースと分けている
・デスクには必要な物しか置いていない
・窓際や、観葉植物を置くなど、自然を感じられるようにしている

急に在宅勤務が必要になった方が多いため、現状は部屋の中でワークスペースを確保し、仕事をしている人が多い印象です。

また、少しでも自然を感じられるようにするのは、リラックスして取り組めるので、おすすめですね。

僕はこんな感じで仕事してます。【実例】

ワークスペース例

今まで、部屋を用意していた事もありますが、今は上記画像のように、部屋の一角にスペースを確保してやってます。

かなりシンプルですよね。

格好つけて写真用にデスクトップを置きましたが、普段はノートパソコンで仕事をしています。笑

これでも問題なく仕事ができているので、部屋や場所について、時間をかけて迷う必要はないです。

まとめ:在宅勤務は成果を上げられる部屋をつくる

記事のまとめ

在宅勤務の部屋・スペースづくりは、「おしゃれな部屋をつくる」ためではなく、「快適に仕事をする」ことが目的であることを、忘れてはいけません。

大切なのは、自分が集中して仕事ができる環境かどうかです。

「どこで仕事をするか」より、「どれだけ成果を上げるか」にフォーカスしていきましょう。

-在宅勤務
-,

© 2021 yakutatsuREC.