アトピー ライフスタイル

旅行でアトピー性皮膚炎を悪化させない方法 【心のリラックス】

1月 21, 2020

旅行が好きなのに、アトピー性皮膚炎のせいで、周りの目を気にしてしまい
自由に旅行に行けなくなってしまった。

こんな不安を解決します。

✔︎ この記事の内容

・旅行でアトピー 性皮膚炎を悪化させない方法
・アトピー改善には心のリラックスが大切

✔︎この記事を書いている私

アトピー歴10年以上。
都心でひとり暮らしを始めてから、アトピー 性皮膚炎の診断を受けました。
ステロイドの副作用に苦しみ、薬に頼らない生活習慣改善によりアトピーを克服。
現在も規則正しい生活を続け、再発なく症状をコントロールできています。

旅行でアトピー性皮膚炎を悪化させない方法




 アトピー性皮膚炎で、特に症状が顔など見えやすい所に出てしまうと、精神的にもダメージを受け外に出づらくなってしまう方もいらっしゃると思います。
 ですが、正しい知識を持っていれば問題ないですし、旅行など外出することで、精神的にもリラックスする事ができます。私も顔、特に目の周りに酷いアトピーの症状がありましたが、旅行が好きで、症状を気にして旅行にいけない事もストレスになっていたので、膿が出てしまう程の症状の時は流石に避けましたが、積極的に旅行に行ってリラックスしていました。改善した現在では、この判断は正しかったと強く感じています。
酷いアトピー症状の改善策は「アトピーを自分で改善する【お金をかけない方法】」をご確認ください。


旅行先の選択

 旅行先の選択は重要です。場所に関しては、自分が行きたい所で問題ないと思いますが、
宿に関しては、しっかりとリサーチして選ぶべきです。

 まず部屋ですが、和室ではなく、フローリングの洋室をお勧めします。
和室でもベッドタイプであれば良いのですが、アトピーの場合ほこりなども問題になってくるので、基本宿は清潔ではあるかとは思いますが、こだわりがないのであれば、ベッドタイプの宿が良いでしょう。また、部屋に空気清浄機や加湿器がある所の方が、肌の状態を良く保てるので、要チェックです。
そして、食事です。アトピーの場合、油っぽいものや砂糖を控えたりなど、食事の制限を行っている方も多いと思います。私も実際グルテンフリーの生活をしていたので、かなり制限をしていました。これは解決策としては、事前に宿に確認してリクエストしておけばOKですね。私は簡潔に「小麦が食べられない」と事前に伝えていました。そうする事で、揚げ物等が出てこなくなるので、症状が悪化することはないです。(食事処で食べるタイプですと、周りで美味しそうな天ぷらなどを食べていたら涎だらだらですが…)
 また、良くアトピーはうつるんではないか、と言う意見を聞きますが、うつらないので安心してください。皮膚の状態が悪く、周りの視線が気になる、という場合は、露天風呂付き客室等を選べば問題ありません。
これは経験則ですが、客室数が少なく、露天風呂客室がある宿は、平日に行くと大浴場も空いている事が多いので狙い目です。(個人的にこの条件で旅行してます)

旅行前の準備

 自分で事前に準備できるところを確認していきます。
いつも使用しているスキンケア用品や、可能であればタオルも持参できれば良いですね。勿論宿泊先にも用意はあると思いますが、いつも使用しているタオルは、使用していて痒くなったりなど、症状が出ないものを選んで使用していると思いますし、備え付けのタオルを洗っている洗剤は、皮膚に優しいものかどうかもわからないので、自分がいつも使用しているものこそ安全です。
同じ理由で、浴衣などよりも自分で用意した部屋着などの方が良いです。
そんな事を言ったら布団もそうではないか、と思うかもしれませんが、正直その通りですね。
ただ、経験上2泊や3泊をして、身に着けるものを注意していれば、布団が原因で肌にトラブルがあったことはないので、ここは各々注意するしかないですね。(夏であれば、簡単なタオルケット等を用意すれば良いですが、冬はそうはいきませんしね..)

外出先に持ち運べるお勧めのスキンケア用品については、アトピーを改善するための保湿方法【おすすめ商品/養麗潤】をご確認ください。

赤ちゃんにも、家族みんなで使える
保湿クリーム養麗潤(ようれいじゅん)

アトピーは心をリラックスさせる事が大切

 今回は特に旅行について取り上げましたが、アトピー 性皮膚炎を改善していく上で、勿論食事や身に着ける物などを改善することは大切ですが、何よりメンタル面が非常に重要です。
そのメンタル面を下向かせる事なく、充実させていく方法としてあげられるものの1つが、外出する事だと思います。どうしてもアトピーの症状が酷く、周りの目が気になると、外出を控えがちですが、やはり家にこもっていても、鏡ばかり見てしまい、症状を確認したりして、ストレスを溜めていくばかりです。私も実際そうでした。

アトピーになって、そして現在改善をして思うのは、家に閉じこもっていても何も良いことはないです。本当に太陽は偉大です。
旅行は難しいなと思っている方がいたら、最初は近所の散歩から初めても良いと思います。太陽の光を毎日浴びる事も、大切なので、無理しない程度で、外の世界に目を向けてみてください。

-アトピー, ライフスタイル
-, ,